女子力UP! ヘア&メークアップも時短で解決!|手間かけず簡単アレンジ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

特集

2016年8月18日更新

女子力UP! ヘア&メークアップも時短で解決!|手間かけず簡単アレンジ

限られた時間で、ヘアもメークも効率よく! 毎日の暮らしをコントロールしよう♪

ヘアメーク&スタイリング

忙しくても簡単な時短メークとヘアアレンジ、コーディネートをそれぞれのプロに聞きました。明日の朝から早速チャレンジ!


Befor

上地江梨子さん(35)
「共働きで4歳の娘と2歳の息子の育児中。ヘア、メークは毎朝、手が空いた隙に最低限。教えてもらった方法は忙しい朝でもパパッと出来そう。特にメーク、普段はサッと薄く色を塗るだけですが、これは目元が明るくなるのでだいぶ印象が変わりました。仕事でもプライベートでも生かせそう!」

手間暇かけず簡単アレンジ

 

忙しい朝は「ながらメーク」。シートタイプのマスクで保湿、スキンケアをしながら子どもの面倒や準備を同時並行しよう。「30~40代のメークのポイントは『肌質を良く見せる』こと。まずはスキンケア、ベースメークをしっかりしましょう。ポイントメークは濃いめの色を少しでOK」と平良みのりさん。
ヘアアレンジはTPOに応じて使い分けを。基本は家事や子育てをしやすいまとめ髪。「後頭部の毛を少し出すことでボリュームが出て頭の形をキレイに見せることができます。ゴムの結び目はバレッタやリボン、スカーフなどで隠して」。ヘアアクセサリーでオンとオフとを使い分けよう。
「仕事や子育てで時間がないかもしれませんが、髪形やメークに少し気を使うと、それだけで気分転換になります。手間をかけられるときはかけて、自分磨きも忘れずに」。時短でおしゃれを楽しもう!

時短メークのポイント


After

濃いめの色で目元、頬、唇をメーク。チークは頬骨のあたりにふんわり。リップは唇の中央に色を乗せ、薄く伸ばす。


アイメーク
①アイシャドーは下まぶたの際に軽く。華やかに見えるオレンジ、赤系がオススメ②アイライナーは目尻に一筆入れる③カラーマスカラでまつ毛の先をカラーリング。


ベースメーク
ベースメークには乳液、美容液成分、化粧下地に使えるBBクリームを。シミやニキビあとはコンシーラーでカバー。最後におしろいを軽くはたいて、完成

BBクリームを付けた後に顔全体をティッシュで軽くおさえると化粧崩れしにくくなる。
化粧が浮きやすい人は保湿不足。まずはスキンケアをしっかり。
ふんわりぼかせるクレヨンタイプのアイライナーが柔らかく描きやすい。サッと描けるので時間が無い人にもオススメ。
 

時短ヘアアレンジをする前に

コテやカーラー要らずでラクチン。寝ている間に髪にくせを付けてユルふわヘアに。その方法を紹介、ぜひ取り入れてみて。


ワックスなどでウェーブをキープ。アレンジのベースとしても取り入れられる。


①髪の毛を4等分する。片側の2本を矢印の方向に毛先までねじっていく。


②①をねじりまとめ、毛先をゴムで留める。左右それぞれに作る。


③②をまとめ就寝。起床後ほどく。ドライヤーをあてれば短時間でくせが付く。

 

ふんわりまとめお仕事スタイル


前から見た時にボリュームが出るようにトップの毛を引き出す。後ろはくるりんぱと三つ編みを組み合わせてまとめる。ふんわり柔らかくまとめることで優しい印象に。


①毛を3等分し、中央の毛をハーフアップにする。


②サイドに残した毛をまとめ、①の上で結ぶ。


③②の毛先を矢印の方向に入れてくるりんぱをする。 


④①と②の毛の束をまとめて三つ編みを作る。 


⑤④の毛先を②の結び目の中に通し、毛先や三つ編み部分をピンで固定する。
 

お迎えや公園に無造作シニヨン



保育園・幼稚園などのお迎えや公園などへ遊びに行くときは無造作シニヨン(お団子)ヘアでラフに。サイドの髪の毛は耳にかけたり、流したりする。


①後頭部の高い位置でポニーテールを作る。


②①の1/3くらいの毛でお団子を作る。結び目をおさえ、トップの毛を少し出す。


③②の★部分を半分取り、ゴムを隠すように髪を巻く。


④③の毛先をピンで崩れないように留める。



教えてくれたのは
平良みのりさん
スタイリスト。hair&make256主催。
ウェディングなどでのヘアセット、メークを行う。

問い合わせ
070-5532-2560
hair&make256-facebook

協力・メイクアップスタジオ ヌプシャルベル(那覇市)

特集

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
相馬直子

これまでに書いた記事:44

編集者
横浜市出身、沖縄で好きな場所は那覇市平和通り商店街周辺と名護から東村に向かう途中のやんばる。ブロッコリーのもこもこした森にはいつも癒されています。「週刊ほ〜むぷらざ」元担当。時々、防災の記事なども書かせていただいております。被災した人に寄り添い現状を伝えること、沖縄の防災力UPにつながること、その2点を記事で書いていければいいです!

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る