[新春インタビュー]|始動!2022年つながる喜び広がる笑顔|フラワーリビングケイズ 代表 金城 和枝 さん|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2021年12月30日更新

[新春インタビュー]|始動!2022年つながる喜び広がる笑顔|フラワーリビングケイズ 代表 金城 和枝 さん

美容、健康、設備業、ものづくりなど、さまざまな分野で活躍する6社の代表が登場。人と人、人やモノとのつながりから生まれる顧客の笑顔を大切にし、2022年の抱負を語る。

 

フラワーリビングケイズ 代表 
金城  和枝 さん


きんじょう・かずえ/1976年生まれ。 2007年、嘉手納町に生花店を開業。近年ブームになっているジャイアントフラワーにいち早く着目し、独学で製作方法を習得後、17年より店頭やオーダーメイドでの販売を開始。ワークショップや講師育成講座を開設など、さまざまな活動を通してその魅力を伝える。


 
●   ○   ●   ○   ●

当店では、不織布や紙などのさまざまな素材を用いたジャイアントフラワーを製作・販売しています。人の顔よりも大きなこの花は、生花にはない色の花を作ることができ、圧倒的なインパクトが魅力。開店祝いや記念日の贈り物に利用されることが多く、受け取った方が贈り側になるという笑顔の連鎖が広がっています。店頭に飾ると目立ち、お店の宣伝になっているとの声も届いています。 コロナ禍では、“枯れない花”というメリットが、休業や時短営業を余儀なくされたお店の需要にマッチしました。私は、これまで考えもしなかったオンライン教室の開設に挑戦し、県内だけでなく、県外の方ともつながれたことで新たな可能性を見いだせました。 今後は、ブライダルや葬儀などの会場も、インパクトのあるジャイアントフラワーで豪華に飾りたいです。その目標を達成するためには、作り手を増やすことが課題です。新年には、スクールの生徒さんと一緒に展示会を開催しようと計画中。今までにないスケールの大きな作品で、多くの人を笑顔にできればと思います。





ジャイアントフラワーの教室開講や店舗開業に向けて丁寧にサポートする「認定講師ディプロマコース」他、定員1〜2人のスクールを開設しています。イベントなどでのワークショップも、お気軽にご相談ください。



関連記事:

 

『週刊ほ〜むぷらざ』新春インタビュー
第1795号 2021年12月30日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る