[沖縄・企業紹介]沖縄の魅力|エーテック株式会社 代表取締役 堀内 彰さん|専門家と連携し 自社技術も活用|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2021年9月2日更新

[沖縄・企業紹介]沖縄の魅力|エーテック株式会社 代表取締役 堀内 彰さん|専門家と連携し 自社技術も活用

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.341

エーテック株式会社の代表取締役、堀内彰さん
「沖縄の企業として、弊社の活動や技術が県民の命を守る一助になれば」と話すエーテック株式会社の代表取締役、堀内彰さん

防災の必要性を啓発・発信

エーテック株式会社
代表取締役 堀内 彰さん


通信システムの企画・設計や製造・販売などを手掛けるエーテック株式会社。代表取締役の堀内彰さんは「沖縄の企業として県民の命を守る一助になればと、大きな地震や津波に備えるための全県レベルの避難訓練の必要性を啓発したり、情報の発信に取り組んでいます」と話す。

Q 活動のきっかけは?

阪神・淡路大震災や東日本大震災の被害を知って、沖縄でそれが起きた場合、どうすれば家族や社員、県民を守ることができるか考えるようになりました。防災に関する知識を深め、弊社の技術を役立てることはできないかと、地震の発生をより早く伝達するネットワークシステムを開発しました。
しかし、いつ来るか分からない大きな地震・津波に備えるためには、県民が防災に対する共通認識を持って、町ぐるみの避難訓練を行うことが何より重要だと思います。現在、地震の研究をしている琉球大学理学部の中村衛教授の協力のもと、防災の必要性を啓発するDVDを作成中です。完成したら各自治体や団体に無料で配布する予定です。


Q DVDの内容は?
 沖縄では大きな地震が起こらないと思っている方も多いと思うので、過去数百年の地震の記録や近年の調査データをもとに、沖縄でも大きな地震や津波が起こる可能性は十分にあることを訴えています。
過去の記録としては、250年前の八重山地震による「明和の大津波」が有名ですが、100年前にも沖縄本島や石垣島で震度5の大きな地震が何度か起きています。近年、琉球大学や名古屋大学大学院の研究グループの調査でも、沖縄本島南方の琉球海溝で地震の遠因になる「固着域」が発見されています=囲み参照。
大きな津波が起こった際の浸水被害の予想図なども紹介し、避難訓練の重要性もアピールします。


琉球大学理学部の中村衛教授(左)
琉球大学理学部の中村衛教授(左)と連携して、防災の必要性を発信

Q 今後の展開は?
 「専門家などと連携して防災の必要性を強く呼びかけていきたい。また、弊社がこれまで培った技術や地震に関する知識を活用し、県内各団体や企業などの防災に関する相談にもボランティアで応じていこうと考えています。


琉球海溝に地震の兆候
地震の原因は、地下で起きる岩盤の「ずれ」。琉球大学や名古屋大学大学院の研究グループの調査で、海溝には地震の遠因になる「固着域」が広範囲にわたって発見されている=図1参照。研究グループの琉球大学理学部中村衛教授は「これは沖縄本島において、いつ巨大地震・大津波が発生してもおかしくないことを意味しています。少しでも早い地震情報の入手と避難訓練が最重要です」と話す。図2は沖縄各地での過去の震度をグラフ化したもの。
図1
琉球海溝に地震の兆候
図2
琉球海溝に地震の兆候
※2つの図は、琉球大学理学部物質地球科学科 中村衛教授提供



エーテック株式会社
浦添市城間1-15-1  
電話098(878)0206


『週刊ほ〜むぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<341>
第1778号 2021年9月2日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2631

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る