[沖縄・レシピ]おうちでスパイスカレー!!|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

毎日レシピ

2021年8月5日更新

[沖縄・レシピ]おうちでスパイスカレー!!

本格的な味が魅力のスパイスカレー。家庭でも簡単に作ることができる。天然のスパイスで味や香りを付けるため、体にも優しい。おうち時間にカレー作りを楽しみながら、スパイスの力で暑い夏を乗り切ろう!

手軽に本格的な味に

 スパイスカレーを作ろう!

市販のルーを使わず、複数のスパイスをブレンドして作るスパイスカレー。薬膳スパイスアドバイザー®︎の新崎容子さんは「スパイスを使うと本格的な味になる。初心者はスパイスの数を絞って挑戦してみて」と紹介する。



スパイスで夏乗り切る

スパイスカレー作りの講師を務める新崎さん。「スパイスカレーは簡単に本格的な味が楽しめるのが魅力。天然のスパイスで味や香りを付けるので、体に優しい。小麦粉を使わないため、小麦粉が苦手な人にもおすすめ」と話す。

カレーでよく使われるスパイスは、カレーらしい香りのクミン、色付けに役立つターメリック、他のスパイスとのバランスを取るコリアンダー。「多くのスパイスを混ぜると味に深みが出ますが、初心者はこの三つに、複数のスパイスがブレンドされた『ガラムマサラ』を加えるとより手軽に本格的な味に近づく」という。

普段の料理でもスパイスを取り入れていると言い、「から揚げやチャーハン、チャンプルーなどの炒め物にも使う。市販のレトルト食品に少し加えてもいい」と紹介。

「カレーに使うスパイスには食欲増進や消化不良の緩和などが期待できる。おうちで過ごす時間に、複数のスパイスを混ぜて自分好みのカレー作りを楽しんでみては」と新崎さん。
 体に優しいスパイスカレー。暑い夏を乗り切るヒントにしたい。

 

基本のチキンカレー

スパイスカレー チキンカレー

【材料】4人分
玉ネギ……………………200〜300g
鶏もも肉…………………300〜400g
プレーンヨーグルト……………100g
カットトマト缶…………………200g
刻みショウガ(おろしでも可)…8g
刻みニンニク(おろしでも可)…8g
好みの油………………………20〜30g
水……………………………………少量
塩………………………………小さじ1

【カレースパイス】
コリアンダーパウダー……………8g
ターメリックパウダー……………2g
クミンパウダー……………………2g
ガラムマサラ………………………4g

【スタータースパイス】
ローリエ……………………………2枚
クミン…………………………小さじ1

※スタータースパイスはホールスパイスで用意。なくても作れる。

【事前準備】
・ポリ袋にヨーグルトと一口大に切った鶏もも肉を入れ、分量外の酒、塩、こしょうを適量入れてもみ込んでおく(鶏肉が軟らかくなる)。
・玉ネギは薄くスライスしておく。
・カレースパイスを全て混ぜ合わせておく

【作り方】
 鍋に油をひいて熱し、ホールスパイスのローリエとクミンを加えて油に香りを付ける。

 スライスした玉ネギを入れて茶色になるまで強火で炒める=写真。
スライスした玉ネギを入れて茶色になるまで強火で炒める

 玉ネギに色が付いたら、ニンニクとショウガを加えてさらに炒め合わせる。

 玉ネギにとろみがでたら、ヨーグルトに漬けた鶏もも肉を加えて混ぜ=写真、その後トマト缶を加えてさらに炒める。
玉ネギにとろみがでたら、ヨーグルトに漬けた鶏もも肉を加えて混ぜ=写真、その後トマト缶を加えてさらに炒める。

 少し水分を飛ばしたら、カレースパイスミックス全てと塩を加えて混ぜる=写真。
少し水分を飛ばしたら、カレースパイスミックス全てと塩を加えて混ぜる=写真。

 ふたをして弱火にし、焦げないように注意しながら煮込む。焦げそうであれば少量の水を加える。

 鶏肉に火が通れば完成。


基本のチキンカレーのアレンジ
バター風味にしたい場合:玉ネギを炒める際の油をバターに変更する。
辛みを加えたい場合:カレースパイスミックスの中にトウガラシパウダーを2g追加する。
まろやかに仕上げたい場合:最後の仕上げに生クリームかココナツミルクを1/2〜1カップ程度入れる。

 

スパイスで副菜も

キャベツのココナッツ風味ソテー

キャベツのココナッツ風味ソテー

【材料】
キャベツ……………………1/4玉
オリーブ油大さじ…………1〜2
クミン………………………小さじ1
ローリエ……………………1枚
ニンニク……………………1片
紹興酒(白ワインでも)…大さじ1
ナンプラー…………………小さじ2
塩小さじ……………………1/2
ブラックペッパー…………小さじ1/4
トウガラシパウダー………小さじ1/4
ターメリックパウダー……大さじ1/2
ココナッツパウダー………大さじ1〜2

【作り方】
 キャベツは太めの千切りにして水気を切る。

 熱したフライパンにオリーブ油を入れ、クミン、ローリエを焦げないように加熱する。

 香りが出てきたらニンニクを加えてさらに香りを出す。

 1のキャベツを3に加えて、紹興酒、ナンプラーを入れてしんなりとするまで強火で炒める。

 塩、ブラックペッパー、トウガラシパウダー、ターメリックパウダーを入れて混ぜ合わせ、ココナツパウダーを加えてさらに混ぜ、全体になじんできたらできあがり。

 
季節野菜のピクルス

季節野菜のピクルス

【材料】
季節の野菜…………300g

リンゴ酢……………150mL
水……………………50mL
ニンニク……………1片
砂糖…………………30g
塩……………………5g


ローリエ……………2枚
マスタードシード…小さじ1
クミン………………小さじ1
カルダモン…………5個
コリアンダー………小さじ1/2
トウガラシ…………1本
キャラウェイ………小さじ1/2
ピンクペッパー……小さじ1/2


青字の材料は全てホールスパイスで用意する。

【作り方】
 季節の野菜は食べやすくカットして塩(分量外)をまぶし、水抜きをする。

 鍋に赤字の材料のピクルス液用の材料を全て入れ、砂糖と塩が溶けるまで加熱する。

 2に青字の材料のスパイスを入れて香りを出す。

 野菜がしんなりしてきたら、塩気を少し水で流してしっかりと絞り、保存容器に移した3のピクルス液に漬け込む。

保存容器などで最低2時間程度漬けておくと、味が染み込んでおいしい。

パウダースパイスよりも、ホールスパイスの方が香りがしっかりと出る。



ターメリックライス 

カレーにぴったり! ターメリックライス 

【材料】
米…………………………2合
ターメリックパウダー…小さじ1/2
クミン……………………小さじ1/4
カルダモン………………3個
クローブ…………………6個
シナモン…………………1本

【作り方】
 米を洗い、通常の白米を炊く要領で水を入れ、スパイスを加えて混ぜ合わせて炊く。






新崎容子さん
新崎容子さん
栄養士、調理師、薬膳スパイスアドバイザー®︎

編集/比嘉知可乃
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1774号 2021年8月5日紙面から掲載」

毎日レシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
比嘉知可乃

これまでに書いた記事:107

新人プランナー(企画・編集)
1990年生まれ、うるま市出身。365日ダイエット中。
真面目な話からくだらない話まで、「読んだ人が誰かに話したくなる情報」
をお届けできるように頑張ります!

TOPへ戻る