[BOOK・プレゼント]沖縄「戦争マラリア」―強制疎開死3600人の真相に迫る|あけび書房|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

エンタメ・ライブ

2020年3月19日更新

[BOOK・プレゼント]沖縄「戦争マラリア」―強制疎開死3600人の真相に迫る|あけび書房

ジュンク堂書店が、おすすめの新刊を紹介。

沖縄戦の最暗部に迫る

沖縄戦の最暗部に迫ったルポルタージュ。

戦時中、地上戦もなかった波照間島では、空襲など直接的戦闘による犠牲者はゼロ。しかし、大勢の住民がマラリアで病死してしまった。その原因は、日本軍の命令で波照間の住民たちがマラリアの横行するジャングル地帯へ強制的に移住させられたことだった。これが「戦争マラリア」。10年にわたる取材で迫った、75年前の住民犠牲の実態をつづる。

沖縄「戦争マラリア」―強制疎開死3600人の真相に迫る

大矢英代著
あけび書房
1600円(税別)


 プレゼント  2020年3月25日(水)必着。

上記「沖縄『戦争マラリア』―強制疎開死3600人の真相に迫る」を抽選で1人にプレゼント。希望者は下の【プレゼント応募】をクリック。

→【プレゼント応募】

〈提供〉ジュンク堂書店
098‐860‐7175


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・BOOK情報
第1703号 2020年3月19日掲載

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:775

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

TOPへ戻る