i-新聞記者ドキュメント-|“今”と“メディアの正体”に警鐘[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2019年11月14日更新

i-新聞記者ドキュメント-|“今”と“メディアの正体”に警鐘[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2019年11月15日(金)より桜坂劇場で公開


© 2019「i-新聞記者ドキュメント-」製作委員会


i-新聞記者ドキュメント-

“今”と“メディアの正体”に警鐘

私たちが生きる“今”と“メディアの正体”に警鐘を鳴らす、新感覚のドキュメンタリー。

既存メディアからは異端視されながらも圧力にも屈せず、官邸記者会見で鋭い質問を投げかける東京新聞社会部記者・望月衣塑子。果たして彼女は特別なのか? そんな彼女を追うことで映し出される、現代日本やメディアが抱える問題点の数々とは?

監督はオウム真理教の本質に迫った「A」、「A2」、ゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした「FAKE」などで知られる森達也。新たな手法で、日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体を暴きだす。報道では映し出されない、現代日本の真の姿。既存の社会派ドキュメンタリーとは一線を画する、新たな社会意識をもった前代未聞のドキュメンタリーが誕生した。


予告|桜坂劇場サイトへ

2019年/日本/111分/監督:森達也/出演:望月衣塑子ほか


桜坂劇場|最新映画情報
[info]
2019年11月17日(日)の11時~17時まで、桜坂劇場向かいの希望ヶ丘公園で、「秋のサクラザカマルシシェ」を開催。人気の雑貨店やカフェなど、30店舗以上が出店し、ヤギフミトモ、メカルジン、8bitなどのライブも開催する。入場無料。

<問い合わせ>
桜坂劇場
098‐860‐9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1685号 2019年11月14日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:719

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る