[ニュース]御膳本草 方言名と和名が混在|薬膳琉花|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

funokinawa NEWS

2019年7月4日更新

[ニュース]御膳本草 方言名と和名が混在|薬膳琉花

funokinawa・NEWSクリップ

横山學氏


薬膳琉花(宮國由紀江代表)は2019年6月14日、那覇市の県立博物館・美術館で横山學氏(ノートルダム清心女子大学名誉教授)=写真=によるセミナーを行った。テーマは「江戸時代の食文化~御膳本草に触れる~」。

御膳本草は渡嘉敷親雲上通寛が1833年に琉球王のために記した食医学書。

横山氏は「イギリス人の言語学者フランク・ホーレーが持っていた御膳本草が戦火を逃れて、ハワイ大学に保管されている。方言名と和名が混在していたり、調理された食品の効能が示されているのが特徴だ」と話した。

funokinawa NEWS

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1767

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る