記者たち 衝撃と畏怖(いふ)の真実|政府の巨大なうそに立ち向かう[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

最新映画情報

2019年6月20日更新

記者たち 衝撃と畏怖(いふ)の真実|政府の巨大なうそに立ち向かう[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2019年6月22日(土)より桜坂劇場で公開


©2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


記者たち 衝撃と畏怖の真実

政府の巨大なうそに立ち向かう

「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー監督がメガホンをとった、政府の巨大なうそに立ち向かった記者たちの物語。

2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は「大量破壊兵器保持」を理由に、イラク侵攻に踏み切ろうとしていた。新聞社ナイト・リッダーのワシントン支局長ジョン・ウォルコットは、部下と元従軍記者でジャーナリストのジョーに取材を指示。しかし破壊兵器の証拠は見つからず、政府の捏造、情報操作である事を突き止めた。
 
真実を伝えるために批判記事を送り出すが、大手新聞社は政府方針を追認。彼らは愛国心高まる世論の中、孤立していく。それでも記者たちは大儀なき戦争を止めようと、政府のうそを暴こうと奮闘するのだが…。

予告|桜坂劇場サイトへ

2017年/アメリカ/91分/監督:ロブ・ライナー/出演:ウッディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、ロブ・ライナーほか


桜坂劇場|最新映画情報
[info]
2019年6月29日(土)・30日(日)、沖縄市民小劇場あしびなーで、「金子文子と朴烈(パクヨル)」と「家へ帰ろう」の2作品を上映。上映時間=「金子文子と朴烈」11時/16時30分、「家へ帰ろう」14時/19時30分。5時間無料駐車場あり。

<問い合わせ>
沖縄市民小劇場あしびなー
098-934-8487


funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほーむぷらざ』エンタメ・映画情報
第1664号 2019年6月20日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:580

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る