ある少年の告白|危険なセラピーの実態描く[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

最新映画情報

2019年5月23日更新

ある少年の告白|危険なセラピーの実態描く[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2019年5月25日(土)より桜坂劇場で公開


©2018 UNERASED FILM, INC.

ある少年の告白

危険なセラピーの実態描く

アメリカの田舎町。牧師の父と母のひとり息子として愛情を受けて、輝くような青春を送ってきたジャレッド。しかし、〝自分は男性のことが好きだ”と気づいた時、両親に勧められたのは、同性愛を〝治す”という矯正セラピーへの参加だった。

そのプログラムは「口外禁止」だという驚くべき内容。自らを偽り生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ジャレッドはついにある行動を起こす…。

ジャレッドを演じるのは「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で、弱冠20歳にしてオスカー候補となり脚光を浴びたルーカス・ヘッジズ。その両親役でニコール・キッドマン、ラッセル・クロウらベテラン俳優陣が出演する。

原作は、NYタイムズ紙がベストセラーに選んだ作品で、全米で大きな反響を呼んだ衝撃の実話。

予告|桜坂劇場サイトへ

2018年/アメリカ/115分/フランス語/監督:ジョエル・エドガートン/出演:ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマンほか

桜坂劇場|最新映画情報
[info]
2019年5月25日(土)~6月7日(金)まで、ベルナルド・ベルトルッチの特集上映を開催。「革命前夜」「ベルトルッチの分身」「暗殺のオペラ」「暗殺の森」「ラストタンゴ・イン・パリ」の5作品を上映する。

桜坂劇場
098‐860‐9555


funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほーむぷらざ』エンタメ・映画情報
第1660号 2019年5月23日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:556

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る