あなたはまだ帰ってこない|愛し続けることの痛みと不安[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

最新映画情報

2019年5月16日更新

あなたはまだ帰ってこない|愛し続けることの痛みと不安[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2019年5月18日(土)より桜坂劇場で公開


©2017 LES FILMS DU POISSON ‐ CINEFRANCE ‐ FRANCE 3 CINEMA ‐ VERSUS PRODUCTION ‐ NEED PRODUCTIONS

あなたはまだ帰ってこない

愛し続けることの痛みと不安

舞台は、第2次世界大戦時、ナチス占領下のパリ。1944年、マルグリット・デュラスの夫、ロベールは地下でレジスタンス活動をしていたため、ゲシュタポに突然連れ去られる。それが、彼の帰りを祈り、さまよい、苦悩する彼女にとっての愛のための人生の始まりだった…。

夫を待ち続ける不安の日々、現れるヴィシー政権の手先の男の誘惑、そして彼女を支える愛人。

戦時下、誰もが戦場に赴いた人、捕らわれた人を待ち続け、愛しつづけることの痛みと不安と闘っていた。愛とは、苦しみなのか、喜びなのか、あるいは待つことなのか?

原作は「愛人/ラマン」で知られる、マルグリット・デュラス。映像化不可能と言われた本作をベースに、デュラス自身の愛と、その苦しみが、戦争の記憶とともに語られる、激動の愛のドラマ。

予告|桜坂劇場サイトへ

2017年/フランス・ベルギー・スイス/127分/フランス語/監督:エマニュエル・フィンケル/出演:メラニー・ティエリー、ブノワ・マジメルほか

桜坂劇場|最新映画情報
[info]
中村敦夫朗読劇「線量計が鳴る」を、2019年5月23日(木)に桜坂劇場で上演する。開場は18時、開演は18時30分。料金は前売り2000円、当日は2500円(要ドリンクオーダー)。主催:基地・原発・憲法を考える推進ネットワーク。

桜坂劇場
098‐860‐9555


funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほーむぷらざ』エンタメ・映画情報
第1659号 2019年5月16日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:597

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る