[展示会]沖縄が誇る家宝の三線展|沖縄県立博物館・美術館|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

funokinawa NEWS

2019年2月7日更新

[展示会]沖縄が誇る家宝の三線展|沖縄県立博物館・美術館

funokinawa・エンタメinfo

三線の魅力に触れる

琉球三線楽器保存・育成会の創立30周年を記念して「沖縄が誇る家宝の三線展」が、2019年3月10日(日)まで、沖縄県立博物館・美術館で開催中。

同展では、「三線とは?」と題した三線の歴史や型などについての説明や「琉球王国時代の三線文化」と題する県指定文化財の三線や箏、工工四などの展示もある。2月10日、17日、24日の日曜の14時から16時には、琉球三線楽器保存・育成会員らを招き、三線について質問に答える「三線ゆんたく会」も。月曜休館。
 


観覧料は一般700円、高大生400円、小中学生200円



<問い合わせ>
沖縄県立博物館・美術館
098‐941‐8200

funokinawa NEWS

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1405

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る