ドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」|岡本太郎が見た沖縄とは?[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

最新映画情報

2018年10月25日更新

ドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」|岡本太郎が見た沖縄とは?[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2018年10月27日(土)より桜坂劇場で公開

ドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」

岡本太郎が見た沖縄とは?

芸術家・岡本太郎は、1959年と1966年の2度にわたり沖縄を旅している。それは名著「沖縄文化論~忘れられた日本」につづられ、太郎が撮影した数百枚にも及ぶ写真は「岡本太郎の沖縄」として遺されている。
岡本太郎が日本人としてのアイデンティティーを探し求める旅のいちばん最後にぶつかったのが、「沖縄」だった。「沖縄とは、私にとって一つの恋のようなものだった」という。岡本太郎が全身全霊をぶつけて、自分自身が溶け込んでいった「沖縄」とはいったい何だったのか? 約60年前の太郎が捉えた素顔のままの沖縄…。
もう一度、太郎と同じ沖縄をさまよい歩いて「太郎の沖縄」を見つめる旅に出る。岡本太郎が見た沖縄は、今の私たちに何を投げかけ、今の私たちとどうつながるのか? あるいは、つながらないのか? それを確かめるドキュメンタリーである。


予告|桜坂劇場サイトへ

2018年/日本/130分/監督:葛山喜久/語り:井浦新

桜坂劇場|最新映画情報
[info]
「岡本太郎の沖縄」、公開初日の10月27日(土)に舞台あいさつを開催。ゲストは葛山喜久監督・山里孫存プロデューサー。開場は12時30分、上映開始は13時。当日オープン時(午前9時)より、入場整理券を発行。招待券利用不可。

<問い合わせ>
桜坂劇場
098‐860‐9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほーむぷらざ』エンタメ・映画情報
第1631号 2018年10月25日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:580

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る