おしゃれなお部屋図鑑|BURGER & BAR BOASORTE(宜野湾市)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

おしゃれ

2017年12月4日更新

おしゃれなお部屋図鑑|BURGER & BAR BOASORTE(宜野湾市)

週刊タイムス住宅新聞に掲載されているオシャレなお部屋図鑑vol.41。
レトロポップ&インダストリアル/ダイニング

レトロポップ&インダストリアル/ダイニング

カラフル小物を大胆かつシックに

陽気な大人の秘密基地

今年4月に宜野湾市大山に移転オープンした「BOASORTE」は、バー使いもできるハンバーガーショップ。テーブル席やカウンターをゆったりと配した店内は、クールさと遊び心が同居する個性的な空間だ。


高さのある黒い天井と木の床や壁を基調とした倉庫風の内装に、コレクターもののキャラクターフィギュアや昭和レトロな雑貨を所狭しと並べた店内。以前は田芋パイ店だった広い空間は、大人の遊び場へと様変わりしている。
店を営むのは中村朝彰さん(37)と佐藤杏里朱さん(33)。「うちはでっかくおいしく楽しくがコンセプト」と笑う中村さんに、「好きなグッズを思う存分飾りたくて、内装はシンプルにまとめました」と佐藤さんも笑顔をみせる。
入り口付近のオーダーカウンターやフロアに配したテーブル席、窓辺のカウンター席などは、友人の家具職人の手を借りて、木と金属製の家具で統一。レトロな味わいのふぞろいなイスはユーズドの家具店を巡って集めたという。
また、黄色っぽい電球の明かりで店内を控えめに照らすことで、カラフルな小物が主張しすぎないのが印象的。「アクセントカラーもマスタードイエローとダークグレーだけ。2色程度で抑えるとまとまるはず」と佐藤さんはアドバイスする。




POP&INDUSTRIALミックス
もともと細木で組まれていたという壁の一角には、中村さんが水道管で飾り棚を作り、アルミ製の「PEACE」の明かりを配してインダストリアルテイストを加味。マスタードイエローとダークグレーのアクセントカラーが、看板やイスなどのポップな家具とのまとめ役になっている。



ポイント
レアなフィギュア
店内には中村さんと佐藤さんが趣味で集めているマニアよだれもののお宝フィギュアがずらりと並んでいるほか、お店のロゴをあしらったTシャツなども。自分たちのテイストを前面に押し出しながら、バーガーショップらしい個性的な空間を作り上げている。




ポイント
昭和レトロな黒板
レトロアメリカン調と昭和レトロな小物が不思議と違和感なく同居している同店。オーダーカウンター奥には、古いブリキの看板と緑の専用塗料を塗って手作りした黒板が。黒板にはあえてバーガーのイラストや英字を施すなど、マネしたいテクニックが随所に。


ブルドッグのショップロゴ


中村さん・佐藤さんの愛犬「ぶん太」君
ペット連れのお客さまもウエルカムです!

店の移転オープンの少し前にフレンチブルドッグの「ぶん太」君を飼い始めたという中村さんと佐藤さんは、ぶん太君をモデルにショップロゴをデザインしてもらったほどの愛犬家。
「新店ではペット連れのお客さまも気軽に寄れるようにと思って、ペット可のテラス席を設けました」と中村さん。テラスにはぶん太君のトイレもあり、来店者のワンちゃんも利用できるようになっている。



[DATA]

BURGER & BARBOASORTE[ボアソルチ]

沖縄県宜野湾市大山4-1-1(地図
098-987-6229
午前11時~午後3時
午後6時~同9時(L.O.)
※日曜は昼のみ営業
休 日/月曜
駐車場/なし

インスタグラム:@boasorte_okinawa


取材/藤井千加(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1665号・2017年12月1日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:54

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る