ぼくと魔法の言葉たち|言葉失った少年の自立目指す[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

最新映画情報

2017年4月20日更新

ぼくと魔法の言葉たち|言葉失った少年の自立目指す[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップしてご紹介します。
★2017年4月24日(月)より桜坂劇場で公開

ぼくと魔法の言葉たち|桜坂劇場|最新映画情報
 

ぼくと魔法の言葉たち

言葉失った少年の自立目指す

障害がありながらも、明るく前向きに社会と向き合い、自立を勝ち取るまでの姿をユーモアたっぷりに感動的に描いた作品。

サスカインド家の次男オーウェンは、自閉症で2歳の時に言葉を失った。失意に暮れて過ごす両親は、ある日、オーウェンが発する意味をなさない言葉が、ディズニー・アニメ「リトル・マーメイド」のセリフだと気付く。父がディズニーキャラクターのオウムの"イアーゴ"になりきって語りかけると、魔法のようにオーウェンは言葉を返した!

こうして家族による、ディズニー・アニメを通した「オーウェンを取り戻す」ための作戦が始まった! 監督はアフリカ系アメリカ人としてオスカーを初受賞したロジャー・ロス・フィリアムズ。「リトル・マーメイド」「ライオン・キング」など、ディズニー・アニメの名作が数多く登場している。

<予告|桜坂劇場サイトへ>

2016年/アメリカ/91分/監督:ロジャー・ロス・ウィリアムズ/出演:オーウェン・サスカインド、ロン・サスカインドほか


桜坂劇場|最新映画情報
[info]
ダニエル・ロペス監督の「カタブイ 沖縄に生きる」を、2017年4月27日(木)・28日(金)の2日間、沖縄市民小劇場あしびなーで上映。沖縄に根づいて生きる人たちの姿を軸に、独自の視点で沖縄を切り取ったドキュメンタリー。無料駐車場あり。

<問い合わせ先>
桜坂劇場
098-860-9555
http://www.sakura-zaka.com/


funokinawa エンタメ最新映画情報

エンジョイ|FUNOKINAWA〜週刊ほーむぷらざ〜


『週刊ほーむぷらざ』エンタメ・映画情報
第1553号 2017年4月20日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:580

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る