[GW特集]|工場見学 定番菓子が次々と 上間菓子店|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2017年4月17日更新

[GW特集]|工場見学 定番菓子が次々と 上間菓子店

今年もやってくる、ゴールデンウィーク!! いつもよりも思い切ったお出かけを計画してみませんか? 県内のトレッキングスポットや公園、工場見学、リフレッシュも兼ねた温浴施設、番外編まで?!、親子で出かけられるスポットのご紹介します。

定番の沖縄菓子が次々と

上間菓子店(豊見城市)



梅の酸味と爽やかな甘さが人気を呼び、今や沖縄を代表する菓子となった「スッパイマン」。

「製造工程を見学してもらいたい」と2013年、豊見城市豊崎に工場を新築。数多くの人が人気菓子の製造の見学に訪れている。

沖縄では古くから台湾や中国で製造された乾燥梅干しが商店やスーパーで販売されていたが、先代の社長が天然甘味料であるステビアを使うなど、研究と努力を重ねて1984年ついにスッパイマンが完成。「原料の梅は台湾製だが、味付けから梱包までの製造を自社で行っているのはうちだけ」と広報の上間幸治さん(38)は胸を張る。

工場見学では、原材料の梅の選別や乾燥、梱包など、人の手と機械を駆使した製造風景が眺められる。「商品の命ともいえる味付けの作業が一番の見どころ」と上間さん。調味液に漬けられた梅は、小粒ながらも「うちなーむん」としての気概に満ちていた。


梅を一つ一つ丁寧に選別。「スッパイマン梅キャンディー」などさまざまな商品が作られる/写真


工場で販売されている商品。スッパイマンサーターアンダギーなど、中にはここだけでしか買えないもある/写真



上間幸治さん

※上写真/調味液に漬け込まれる梅。主力商品である「スッパイマン甘梅一番」の独特の風味がここで生まれる

上間菓子店
■住所:沖縄県豊見城市豊崎3-64
■電話:098-840-6000
■時間:見学は午前は9時から30分間隔で案内。
    11時30分最終受け付け、午後は13時から30分間隔で案内。
    16時30分最終受付。所要時間は30分ほど
■予約:少人数の場合は予約不要
■費用:無料
■休み:日曜、祝日休み
■備考:詳細は「スッパイマン」で検索
http://www.amaume.co.jp/​
 
編 集/伊東一洋・高良蘭(トラべローグ)・編集部
『週刊ほーむぷらざ』沖縄をあそぼう・第1515号 2016年7月28日掲載

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1694

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る