おしゃれなお部屋図鑑|HIPs baan sabaai(沖縄・宜野湾市)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

おしゃれ

2014年11月7日更新

おしゃれなお部屋図鑑|HIPs baan sabaai(沖縄・宜野湾市)

週刊タイムス住宅新聞に掲載されているオシャレなお部屋図鑑vol.08。
「カラフル小物とレトロ家具が調和」沖縄県宜野湾市大謝名にあるヒップス バーン サバイ

アジアン&リラックス/寝室

漆喰に茶合わせ癒やし

宜野湾市大謝名にある「ヒップス バーン サバイ」は、美容室やタイ古式マッサージ室などを併設するビューティサロン。外国人住宅を改装した店内は、茶系を基調に漆喰など温かみのある素材を組み合わせた、くつろぎの空間になっている。

外国人住宅街を行くとたどりつく隠れ家的な同店。緑豊かな庭を抜けて店内に入ると、東南アジアへ旅に出たような異国情緒が漂う。オーナーの坂本洋子さん(53)は「ゆったりと時間が流れるタイが好き。お客さまがくつろげるよう、内装はアジアンな雰囲気をイメージしました」とほほ笑む。
もともと白かったという壁には、薄いベージュの漆喰が施され、室内全体が落ち着いた印象に。湿気を抑える効果のある漆喰のおかげで、結露もないという。また、あえて手塗り感を残したことで、味わいが増すだけでなく、市販の製品を利用してのセルフメンテナンスもラクにできるそう。
インテリアは、壁色と合わせて、レトロ感のある茶色を基調とした。素材も木や布を多用し、温かみのある雰囲気を演出している。坂本さんは「家具類など、同系色をベースにまとめると小物の色などが映えますよ」とアドバイス。タイで購入した色鮮やかな雑貨や沖縄の器などがすてきにコラボした店内には、遊び心もちらり。リラックスムード満点で心地よい時間を過ごせる。




アジアンなアレンジでくつろぎ
タイ古式マッサージやフットマッサージなどを行う施術室。日差しを遮る窓の建具は、木製のブラインドなどを利用するのもおすすめだ。床に敷いたマットのシーツは壁色に近いアジアンな柄にしたり、ハンガーラックやハンガーも木製にすることで、室内の統一感も抜群




ポイント
化粧台は中国家具
アジアンな柄が彫られた中国製のレトロな古家具を化粧台に。籐のティッシュケースや木枠の鏡と合わせて、沖縄のヤチムンの器を小物入れに利用したり、琉球ガラスを鉢代わりにしたミニチュアガジュマルを配置したり。お香をたけば、香りもオリエンタルに




ポイント
木のかごに収納
マッサージ時の着替えを入れるために、枕元に置かれた木製のカゴもアイデアもの。手軽にパジャマなどを収納できるうえ、床の上に直接置いても、雑な印象にならない。カゴの内側はリネンでカバーしてあるので、服が取り出しやすく、汚れたら気軽に洗濯もできる



布や雑貨をアクセントに

庭の緑を満喫するカウンター




坂本さんおすすめの窓際活用術
庭に面した美容室の窓際には木製のカウンターを設置。緑を眺めながらくつろげるリラックスエリアにしつらえた。いすやソファは、アンティークショップで安価に入手したものだそうで、店内の雰囲気と絶妙にマッチしている。
インドのクッションカバーやタイのリボンを使って手づくりしたカーテン、カウンターの上のカラフルなアジアン雑貨も相まった、明るい雰囲気が印象的。自宅の狭いスペースも有効活用できそうなアイデアだ。



[DATA]

HIPs baan sabaai
[ヒップス バーン サバイ]

住所:沖縄県宜野湾市大謝名4-21-16(地図
営業時間:午前9時~午後10時(要予約)
定休日:火曜
駐車場:あり
電話:098-897-3995
http://hips098.net/
 


取材/藤井千加(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1506号・2014年11月7日紙面から掲載

おしゃれ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:54

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る