沖縄を旅しよう。ロワジールホテル 那覇|沖縄・那覇市|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2016年8月13日更新

沖縄を旅しよう。ロワジールホテル 那覇|沖縄・那覇市

funokinawaが選ぶ! 夏の沖縄8月厳選・ホテルでグルメ&楽園時間

【楽園時間を楽しむ】ロワジールホテル 那覇|沖縄・那覇市

天然温泉やプールでシティーリゾート気分を満喫して!

「ロワジールホテル 那覇」は、県内で珍しい源泉かけ流しの天然温泉や屋内・屋外プールがあり、那覇でリゾート気分が味わえるシティーリゾートホテルです。 屋内プールは、温泉水が含まれ、タラソテラピー効果が期待できるといわれ、海水浴で泳ぎ足りないお子さまや日焼けを気にする方にも人気です。 温泉は「三重城温泉 島人の湯」と、別館の「ロワジール スパタワー 那覇」にある「三重城温泉 海人の湯」の2カ所。約800万年前の化石海水が地熱で温められた源泉かけ流しの天然温泉は、塩分を含んでいるため食塩泉とも呼ばれています。入浴後は肌に付着した温泉の成分が汗の蒸発を防ぐため、保温・保湿効果が抜群。「温まる温泉」として、女性に喜ばれています。


ランチビュッフェも充実。和洋中琉の多彩な味が勢ぞろい

プールや温泉を楽しんだ後は、レストラン「オールデイダイニング フォンテーヌ」と「琉球ダイニング 花風~はなふう~」のランチビュッフェで食事を満喫してはいかがでしょうか?



「フォンテーヌ」では、シェフ特製の前菜や日替わりの肉・魚料理、窯焼きピッツァ、日替わりパスタ、ホテルメードの出来立てパンやスイーツなど種類豊富にそろえています。 沖縄の食材を生かした沖縄料理や本格的な和食と中華料理が味わえるレストラン「花風」。職人が目の前で作るにぎりすし、島豚や魚のしゃぶしゃぶ、トロトロに煮付けたテビチ、麻婆豆腐などがあり、お腹も心も満たしてくれます。

プールと温泉、ランチをすべて楽しみたいなら「選べるランチ & 天然温泉・プールチケット」を利用するとお得。一日中、めいっぱいシティーリゾートを満喫してはいかがでしょうか?


<選べるランチ & 天然温泉・プールチケット>
ランチビュッフェと温泉・プールがセットになったお得なチケットです。レストランは「フォンテーヌ」または「花風」から選べます。


ランチビュッフェ(通常:2200円)
・オールデイダイニング フォンテーヌ
・琉球ダイニング 花風
     +
三重城温泉「島人の湯」&屋内プール(通常:2500円)
通常合計:4700円 → チケット利用で2600円

ランチビュッフェ(通常:2200円)
・オールデイダイニング フォンテーヌ
・琉球ダイニング 花風
     +
三重城温泉「海人の湯」(通常:3500円)
通常合計:5700円 → チケット利用で2900円
※屋内プールは利用できません




<レストラン情報>
オールデイダイニング フォンテーヌ
場所:ロワジールホテル 那覇 1階
ランチタイム:11時30分~14時30分 (ラストオーダー)



<レストラン情報>
琉球ダインニング 花風~はなふう~
場所:ロワジールホテル 那覇 2階
ランチタイム:11時30分~14時 (ラストオーダー)

 

【プラスαで楽しむ!】

<プール・三重城温泉>

屋内プール 場所:ロワジールホテル 那覇 2階


三重城温泉 島人の湯
場所:ロワジールホテル 那覇 2階


三重城温泉 海人の湯
場所:ロワジール スパタワー 那覇 2階


<チケット購入場所>
「オールデイダイニング フォンテーヌ」、「琉球ダイニング 花風」で販売
※チケットのプール・温泉利用は、10時~17時となります。温泉の入湯税が別途必要



<予約・お問い合わせ>
ロワジールホテル 那覇(代表)
沖縄県那覇市西3-2-1(地図
TEL:098-868-2222

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
マリー

これまでに書いた記事:7

プランナー(営業)
いつも心は「後ろ向き」。周りにはネガティブと呼ばれています。でも、この仕事を通じて出会えるたくさんの方からパワーをもらい、少しずつ前向きな自分を見つけることも。。。ニックネームは自宅が「ベルサイユ宮殿」と呼ばれていることからマリーです!

TOPへ戻る