父は憶えている|記憶と言葉失った男と家族描く[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2024年1月11日更新

父は憶えている|記憶と言葉失った男と家族描く[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★桜坂劇場で公開中

最新映画情報

タグから記事を探す


©︎Kyrgyzfilm,Oy Art,Bitters End,Volya Films,Mandra Films

父は憶えている

記憶と言葉失った男と家族描く

出稼ぎ先のロシアで記憶と言葉を失い故郷へ帰ってきた父とその家族を描いたヒューマンドラマ。監督は、「あの娘と自転車に乗って」「馬を放つ」などで知られる中央アジアの名匠アクタン・アリム・クバト。監督自ら主人公ザールクを演じた。

キルギスの村に一人の男が帰ってきた。23年前にロシアへ出稼ぎに行ったきり行方が分からなかったザールクだ。記憶と言葉を失ったその姿に家族や村人たちは動揺するが、そこに妻ウムスナイの姿はなかった。

周囲の心配をよそに、ザールクはあふれる村のごみを黙々と片付ける。ごみを拾うザールクの目に映るのは、権力者による圧力や近代化の波にのまれ変わっていく故郷の姿だった。

果たして、家族や故郷の思い出はよみがえるのだろうか?


2022年/キルギス・日本・オランダ・フランス/105分/監督・脚本・主演:アクタン・アリム・クバト ほか


桜坂劇場
[info]
ハワイへ移り住んだ日本女性の歴史や同地で生まれた日系女性がどのように生きてきたかを伝えるドキュメンタリー「Okagesama de ~ハワイ日系女性の軌跡~」が1月13日(土)から桜坂劇場で公開される。公開初日には、監督の舞台あいさつやフラダンスのショーなども開催予定。

<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1901号 2024年1月11日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る