エリザベート 1878|オーストリア皇妃の素顔を描く[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2023年9月21日更新

エリザベート 1878|オーストリア皇妃の素顔を描く[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2023年9月23日(土)から桜坂劇場で公開

最新映画情報

タグから記事を探す

エリザベート1878|©︎Felix Vratny
©︎Felix Vratny


エリザベート 1878

オーストリア皇妃の素顔を描く

2022年・第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で最優秀演技賞に輝いた伝記ドラマ。ヨーロッパ宮廷一の美貌と称されたオーストリア皇妃・エリザベートの40歳の1年間にスポットを当て、若さや美しさという基準のみで存在価値を測られてきた彼女の知られざる素顔を大胆な解釈で描き出す。

1877年のクリスマスイブに40歳の誕生日を迎えたエリザベートは、世間のイメージを維持するために奮闘を続けながらも、厳格で形式的な公務に窮屈さを感じていた。

人生に対する情熱や知識への渇望、若き日のような刺激を求める彼女は、イングランドやバイエルンへ友人や恋人を訪ねる旅を始める。その中で誇張された自身のイメージに反抗し、誇りを取り戻すためにある計画を思いつくが…。


2022年/オーストリア・ルクセンブルク・ドイツ・フランス/114分/監督:マリー・クロイツァー/出演:ビッキー・クリープス、フロリアン・タイヒトマイスター、カタリーナ・ローレンツ ほか


桜坂劇場
[info]
フランス映画史上初のサメ映画「シャーク・ド・フランス」が、9月23日(土)から桜坂劇場で公開! 同映画は、南フランスの片田舎で村の平和を守る女性海上警官が、村史上最大の危機・サメの出現に一人で立ち向かう姿をコミカルに描いている。

<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1885号 2023年9月21日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る