[本の紹介]南風(まぜ)に乗る|小学館|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

エンタメ・ライブ

2023年5月11日更新

[本の紹介]南風(まぜ)に乗る|小学館

ジュンク堂書店が、おすすめの新刊を紹介。

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

本土復帰までの「時代」と「闘い」

戦後の沖縄を描いたフィクション。戦後、日本は二つの国に分断されていた。本土から切り離され、米軍支配下に取り残された沖縄は独立に向けた闘いを開始する。県出身の詩人・山之口貘(ばく)、米軍支配下で圧政と闘った瀬長亀次郎、英文学者で沖縄問題に関わり続けた中野好夫。実在の人物たちの視点を通し、本土復帰までの「時代」と「闘い」をつづる。

南風(まぜ)に乗る[本の紹介]小学館

南風(まぜ)に乗る

柳広司 著
小学館
1980円(税込み)

提供/ジュンク堂書店 那覇店 098(860)7175
『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・BOOK情報
第1866号 2023年5月11日掲載

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る