すべてうまくいきますように|安楽死を巡る父と娘の葛藤[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2023年3月9日更新

すべてうまくいきますように|安楽死を巡る父と娘の葛藤[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2023年3月11日(土)より桜坂劇場で公開

最新映画情報

タグから記事を探す

すべてうまくいきますように|安楽死を巡る父と娘の葛藤[沖縄・映画館へ行こう!]
©2020 MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France2 CINEMA-PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES


すべてうまくいきますように

安楽死を巡る父と娘の葛藤

映画「まぼろし」などを手掛けたフランスの名匠フランソワ・オゾン監督が、安楽死を巡る父と娘の葛藤を描く人間ドラマ。

小説家のエマニュエルは、85歳の父アンドレが脳卒中で倒れたという知らせを受け病院へと駆けつける。意識を取り戻した父は、体の自由がきかないという現実が受け入れられず、人生を終わらせるのを手伝ってほしいとエマニュエルに頼む。

戸惑う彼女は父の考えが変わることを期待しつつも、合法的な安楽死を支援するスイスの協会と連絡を取り合う。

一方で、リハビリが功を奏し日に日に回復する父は、孫の発表会やお気に入りのレストランへ出かけ、生きる喜びを取り戻したかのように見えた。だが、父はまるで楽しい旅行の日を決めるかのように、娘たちにその日を告げる…。



2021年/フランス/113分/監督:フランソワ・オゾン/出演:ソフィー・マルソー、アンドレ・デュソリエ ほか


桜坂劇場
[info]
3月11日(土)より「劇場版 センキョナンデス」を公開。ラッパーのダースレイダーと芸人のプチ鹿島が、2021年の衆院選と22年の参院選で十数人の候補者に突撃取材を敢行。忖度(そんたく)なしのインタビューで本音を引き出していく。その最中、安倍晋三元首相銃撃事件が発生、予想外の方向へと展開する。
<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1857号 2023年3月9日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る