[沖縄・映画館へ行こう!]土を喰らう十二ヵ月|“食”でつづった人生ドラマ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2022年11月3日更新

[沖縄・映画館へ行こう!]土を喰らう十二ヵ月|“食”でつづった人生ドラマ

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2022年11月11日(金)より桜坂劇場で公開

最新映画情報

タグから記事を探す

土を喰らう十二ヵ月[沖縄・映画館へ行こう!]
©2022「土を喰らう十二ヵ月」製作委員会


土を喰(く)らう十二ヵ月

“食”でつづった人生ドラマ

少年時代に京都の禅寺で精進料理を学んだ作家・水上勉は、自ら収穫した野菜や山菜で料理を作り、食す喜びや料理にまつわる思い出をエッセーに仕立てた。それを「ナビィの恋」の中江裕司監督が脚本化し、沢田研二主演で映画化された。

作家のツトムは、人里離れた信州の山荘で、犬のさんしょと亡くなった妻の八重子の遺骨と共に暮らす。彼にとって、畑で育てた野菜や山で収穫する山菜などを使って作る料理は日々の楽しみのひとつだ。とりわけ、編集者で恋人の真知子が東京から訪ねてくるときは、楽しさが一段と増した。その一方でツトムは13年前に亡くした妻の遺骨を墓に納められずにいた…。

四季折々の“食”でつづった味わい深い人生ドラマ。料理研究家・土井善晴がエッセーの中に登場する料理を再現した。



2022年/日本/111分/監督:中江裕司/出演:沢田研二、松たか子、西田尚美、尾美としのり、壇ふみ、火野正平 ほか


桜坂劇場
[info]
11月13日(日)、多様な文化と出合いながら作曲・演奏を重ねている、アコーディオン(生駒祐子)、コントラバス(清水恒輔)によるユニット「mama!milk(ママミルク)」のライブを開催。ゲストで曽我大穂(CINEMA dub MONKS)が出演する。17時30分開演。
<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1839号 2022年11月3日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る