[沖縄・映画館へ行こう!]角川映画祭 KADOKAWA FILM FESTIVAL|歴史変えた傑作を特集上映|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2022年7月28日更新

[沖縄・映画館へ行こう!]角川映画祭 KADOKAWA FILM FESTIVAL|歴史変えた傑作を特集上映

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2022年7月30日(土)より桜坂劇場で公開

最新映画情報

タグから記事を探す

角川映画祭 KADOKAWA FILM FESTIVAL[沖縄・映画館へ行こう!]
©KADOKAWA


角川映画祭 KADOKAWA FILM FESTIVAL

歴史変えた傑作を特集上映

1976年、市川崑監督の「犬神家の一族」で、日本映画界に登場した「角川映画」は、映画と出版を連動させたメディアミックスを展開し社会現象にまでなった。その誕生から45年を記念して、日本を代表するクリエーターが集結し、日本映画の歴史を変えた傑作31本を約1カ月にわたって特集上映する。

東京とニューヨークを舞台に親子の愛を描く人間ドラマ「人間の証明」をはじめ、薬師丸ひろ子や原田知世の才能を見いだし、世に送り出した「セーラー服と機関銃」、「時をかける少女」。松田優作の魅力が凝縮された「蘇(よみがえ)る金狼(きんろう)」、「野獣死すべし」。ほかにも、沖縄ロケのハードボイルド作品「友よ、静かに瞑(ねむ)れ」や自衛隊が戦国時代にタイムスリップするというスペクタクル「戦国自衛隊」など、スクリーンではなかなか見られない作品ばかりだ。



「犬神家の一族」1976年/日本/146分/監督:市川崑/出演:石坂浩二、島田陽子、あおい輝彦 など


桜坂劇場
[info]
ウェストコースト・ロックの聖地、ローレル・キャニオンにスポットを当てたドキュメンタリー「ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック」を8月1日(月)より、沖縄市のミュージックタウン音市場で上映。駐車場6時間無料。
<問い合わせ>
ミュージックタウン音市場
電話098(932)1949

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1825号 2022年7月28日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る