[沖縄・映画館へ行こう!]BILLIE ビリー|ビリー・ホリデイの波乱の生涯|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2021年9月16日更新

[沖縄・映画館へ行こう!]BILLIE ビリー|ビリー・ホリデイの波乱の生涯

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2021年9月18日(土)より桜坂劇場で公開

BILLIE ビリー[沖縄・映画館へ行こう!]
CarlVan Vechten photographs/Beinecke Library 
©Van Vechten Trust/REP Documentary



BILLIE ビリー

ビリー・ホリデイの波乱の生涯

不世出のジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイのドキュメンタリー。彼女の44年の短い生涯は波乱の連続だった。10代半ばで生活のため体を売り、人種差別と闘い、麻薬と酒に溺れ、身も心もボロボロになりながら歌い続けた。そんな彼女の歌には凝縮された生が刻印され伝説となった。

ビリーの人生に共感した女性ジャーナリスト、リンダ・リプナック・キュールは1960年代から関係者にインタビューを重ね、時には妨害を受けながらビリーの伝記を書き上げようと尽力した。しかしリンダも志半ばで不可解な死を遂げる。本作は彼女が遺(のこ)した200時間以上の録音テープと、ビリーの貴重な映像で構成された。

緊急事態宣言で週末・祝日休館延長の場合、9月21日(火)公開。


2019年/イギリス/98分/監督:ジェームズ・エルスキン/出演:ビリー・ホリデイ、リンダ・リップナック・キュールほか



[info]
哲学者、経済学者カール・マルクスの末娘で、女性や子ども、労働者の権利向上に生涯をささげたエリノア・マルクスの激動の半生を、パンクロックに乗せて描く伝記ドラマ「ミス・マルクス」を9月18日(土)より公開。

<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1780号 2021年9月16日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る