[沖縄・本の紹介]手紙のなかの日本人|文藝春秋|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

エンタメ・ライブ

2021年7月29日更新

[沖縄・本の紹介]手紙のなかの日本人|文藝春秋

ジュンク堂書店が、おすすめの新刊を紹介。

文人や武人たち22人の手紙

予防医学に取り組む著者が教える肥満改善へのアプローチ。

ことし1月に90歳で亡くなった半藤一利さんが、文人や武人たちの手紙を読み解いた一冊。夏目漱石や親鸞、織田信長、明智光秀など22人の手紙を紹介。無心状や恋文、遺書には、まじめで飾りのない気持ちがつづられ、襟を正したり、笑ってしまったり。巻末には著者の恋文にまつわる末利子夫人の特別寄稿文を収録している。

手紙のなかの日本人[沖縄・本の紹介]

手紙のなかの日本人

半藤一利 著
文藝春秋
781円(税込み)

提供/ジュンク堂書店 那覇店 098(860)7175
『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・BOOK情報
第1773号 2021年7月29日掲載

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2631

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る