月経前の肌の不調、対策法はある?|周期にあわせてお手入れを|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2019年2月14日更新

月経前の肌の不調、対策法はある?|周期にあわせてお手入れを

[美makeup]執筆/板谷さち(資生堂ジャパン(株) 沖縄オフィス)

Q.月経前の肌の不調、対策法はある?

A.周期にあわせてお手入れを

月経前になると、なぜか肌の調子が悪くなる、ということはありませんか。ニキビができやすくなったり、くすみを感じるといった肌の不調をはじめ、イライラしたり、不安になったり。便秘や眠気、倦怠感に襲われたりなど、心身の不調を一度は経験したことがあると思います。

それは、皆さんもご存じ「女性ホルモン」の影響によるもの。「卵胞ホルモン(エストロゲン)」「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という二つのホルモンが関係していて、生理周期にあわせて変動をしています。まずはその変動によっておこる心身の変化を知り、ホルモンバランスと上手に付き合うことで不調を解消する工夫をしてみましょう。

月経後は、ご褒美ケア

肌が一番安定し、絶好調なのは「卵胞期」=下図参照。
 



月経後から排卵前までの1週間くらいの時期です。心身ともに安定しやすいのも特徴です。ケアの効果を感じやすいので、肌の状態を高める「ご褒美ケア」をするなら、この時期がおすすめ。

排卵後から月経までが「黄体期」。2週間ほど、心身ともに不調を感じる時期が続きます。べたつきやニキビ、肌荒れを感じやすくなるなど不安定になりやすいのが特徴。この時期に「何とかしよう!」と焦るのは禁物。肌がデリケートになっているタイミングでもあるので、そんな時こそ、いたわりのケアを。毎月繰り返すようであれば、この時期だけは低刺激なアイテムでお手入れをするなどの工夫もよいでしょう。

不規則な生活やストレスなどでも、ホルモンバランスは乱れてしまうもの。睡眠をとりバランスの良い食生活を心がけることも大切です。また、心の不調を感じるときにはアロマなどの香りを取り入れたり、入浴などでゆったりリラックスタイムを作ることも不調の軽減につながります。

周期に合わせてゆとりある対策で、不調を乗り切る工夫をしてみてください。

 

メーク・お肌のお悩み募集

メークやお肌のお悩み、お寄せください!
〒900ー0015 沖縄県那覇市久茂地2-2-2 タイムスビル10階
タイムス住宅新聞社「週刊ほ~むぷらざメーク」係
Eメール h.home.jht@gmail.com ファクス 098-860-6677


執筆/資生堂ジャパン(株)
沖縄オフィス 板谷さち

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:211

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る