[沖縄・メーク術]うっかり日焼け後のアフターケア|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2022年7月28日更新

[沖縄・メーク術]うっかり日焼け後のアフターケア|美makeup

[美makeup]執筆/平良芽依美(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

うっかり日焼け後のアフターケア

毎日強烈な日差しを感じる夏本番! 紫外線は肌を黒く日焼けさせるだけではなく、シミやそばかす・シワなどのトラブルを招く、肌にとっての「大敵」です。日常的な紫外線対策はもちろんですが、長時間の外出やレジャー時などは特に徹底的に紫外線から肌をガードしましょう。

日焼け止めはマスクでこすれて落ちないように、こすれに強いタイプを選ぶと安心です。最近では、汗・水・湿度を味方にして紫外線防御膜を強くする最新技術の日焼け止めも登場しました。レジャーシーンを思いっきり楽しみたい真夏に大活躍すること間違いなし! さまざまなタイプがあるので最適な日焼け止めをチョイスし、ムラなく鉄壁ガードができる塗り方=囲み=で、肌を守り抜きましょう。

それでも「うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまった!」「思ったよりも長時間屋外で過ごしてしまった」、ということもあるでしょう。そんな時はアフターケアが大切です。

日焼け後のアフターケア
日焼けをした時に押さえておきたいケアは、まずは熱を持った肌を「冷やす」こと。次に「保湿」です。日焼け後の肌は、軽いやけどをした状態です。紫外線によって炎症を起こしているので、まずは冷やすことでほてりを鎮め、炎症の進行を止めましょう。肌を冷やす場合は、流水やぬれタオルを使用したり、ミネラルウオーターをスプレーしたりして、肌を優しく冷やします。また、日焼け後の肌は、角層から水分が失われて乾燥してしまうため、赤みやほてりが落ち着いた後は、化粧水で肌にたっぷり水分を補給しましょう。


シミに変えない先手ケア
肌のほてりが落ち着いてきたら、すばやくしっかり予防ケアすることが大切! シミのもととなるメラニンは、紫外線を浴びることによって肌の奥で生成が始まりますが、紫外線を浴びた後の3~4日目からメラニンが増え始めると言われています。つまり紫外線を浴びてしまった時は、メラニンが定着してしまう前に美白ケアを取り入れ、紫外線ダメージを肌に蓄積させないようにすることが重要! いつものスキンケアを美白効果のある化粧水や乳液に変えたり、美白効果のある美容液やマスクをプラスしたりするなどして、シミ予防ケアを積極的に取り入れるとGOOD。シミになる前に先手必勝の美白ケアをすることが、未来の肌を明るくするカギとなります。

日焼けをしてしまった時は、未来の肌に影響を残さないように正しいアフターケアでお肌をいたわりましょう。


 日焼け止めのタイプ別選び方 

下記を参考に、テクスチャーや形状から、あなた好みのアイテムを見つけよう。
●ジェル・ミルク・クリームタイプ
ムラなく塗りやすく、密着感に優れている。
●スプレータイプ
瞬時に広範囲に塗ることができ、簡単にUVケアできる。
●スティックタイプ
UVケアしたい部分に直接塗ることができる。
 日焼け止めの正しい塗り方 
紫外線ダメージをしっかり防ぐためには、ムラなく均一に塗ることが大切!
●顔の塗り方

1.手のひらに適量をとり、両ほお、額、鼻、あごの5カ所に置く。
2.面積の広い頬・額から広げ、なじませる
3.鼻、口の周り、フェースライン、目の周りになじませる。指の腹を使って顔のすみずみまで丁寧に。


「週刊ほ~むぷらざメーク」係

 


『週刊ほ〜むぷらざ』美makeup
第1825号 2022年7月28日掲載 毎月第4週に掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る