[ほ〜むぷらざ便り・見て魅る]那覇に泊まってゆったり観光|那覇とま~るクーポン|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

2020年8月6日更新

[ほ〜むぷらざ便り・見て魅る]那覇に泊まってゆったり観光|那覇とま~るクーポン

那覇市内の登録宿泊施設・飲食店・土産品店で使えて、最大7000円割引になる「那覇とま~るクーポン」。2020那覇観光キャンペーンレディの畑谷二千翔さんが、クーポンを使ってホテルや土産品店を訪ねました。


クーポンで最大7000円お得!

那覇市首里のホテルを訪ねた畑谷さんは、カフェの大きな窓からの眺めに「リゾートって感じ。那覇市内じゃないみたいですね」と笑顔に。おいしいモンブランと精巧なラテアートに、「すてき!」と歓声を上げた。 

ホテルでスタッフからクーポンの説明を受ける畑谷さん。ホテルでは、新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてアルコールやビニールカーテンを設置している​


限定のスイーツやドリンクが楽しめるのもホテルステイの魅力


カフェでくつろいだ後、高層のプレミアラウンジへ。360度景色を見渡せる眺望は最高。ゆったりと景色を眺めながら、友人との会話も弾む。「プールやジムも充実しているので、1日過ごせますね」と畑谷さん。

ホテルのプレミアラウンジで、景色を眺めながら乾杯! 「那覇市内とは思えないぜいたくな時間だね」「リラックスする~」と畑谷さん=右


リゾート気分も味わえるプール。家族連れでも、友人と来ても楽しめそう


その後、車で5分の土産品店へ。色鮮やかな紅型やサンゴ染めのストールやバッグに、目を奪われる。「バッグほしいなぁ。ワンピースもすてき」とテンションが上がる。染め物は体験もでき、オリジナルのアイテムを作ることもできる。「以前、染物体験でTシャツを作ったことがあるのですが、すごく面白かったです!」


鮮やかな小物が並ぶギフトショップへ。「色合いがすてき」と畑谷さん

畑谷さんは「那覇市内のホテルによく泊まるのですが、気軽に観光気分を楽しめてお勧め。家族で出かけても運転を気にせず夫婦一緒にお酒を飲むことができるし、友達の家族とお泊まりで女子会をするときは、子どもを寝かしつけた後、ゆっくりおしゃべりができる。近くのお店を散策気分で開拓するのもワクワクします。クーポンでお得になるのは、うれしいですね」と話した。


クーポンを利用すると、飲食店も1000円割引に!  雰囲気のいいワインバルでワインとおいしい料理を味わえば、心が弾む

店内には、ネックレスやブレスレットなどアクセサリーを気軽に手作りできるコーナーや、宝石サンゴの生態をパネルで紹介するミュージアムコーナーも設置。大城さんは「魅力を知ってもらうきっかけになれば」と笑顔を見せる。

県内で活動する作家とコラボレーションした商品が並ぶのは「CORALIA」のサンエー浦添西海岸PARCOシティ店。店長の下地綾乃さんは「紅型染めの革のパーツと宝石サンゴを組み合わせたピアスなど、当店でしか購入できない商品もあります。ほかの人と被ることが少なく、自分だけの特別感がありますよ」とにっこり。手頃な価格の商品も多く、サンゴを使ったアロマキャンドルなど雑貨も人気のようだ。

宝石サンゴの加工を担当する與那嶺卓磨さんは「日本で採れる数少ない宝石の一つ。資源管理のため、使用する道具や漁の方法に制限がある」と説明。「色が付くはっきりとした理由は分かっていないが、自然が生み出す色合いは神秘的。50年・100年と、長い年月をかけて成長するため、とても貴重」と目を輝かす。

現在は両店舗でイベントを開催中。特別商品の販売や、割引を実施している。3人は「ぜひ足を運んでもらい、宝石サンゴの魅力を知ってほしい」と声を弾ませた。オンラインショップでも購入可能。




9月22日まで 県内在住者対象 お得に楽しんで企業をサポート

那覇とま~るクーポンは那覇市が実施する県内在住者対象の消費促進事業。9月22日までに那覇市内の登録宿泊施設に泊まると1人最大5000円割引に。さらに、対象となる飲食店・土産品店それぞれで利用できる1000円OFFクーポンがもらえる(税抜き1000円以上の会計が対象)。

那覇市経済観光部観光課の安里成顕(しげあき)主査は「那覇市には素晴らしい宿泊施設や店舗がたくさんあるので、お得な機会に那覇の魅力を再発見していただけたら。観光に強い那覇を目指したい」とアピール。那覇市観光ホテル旅館事業協同組合の銘苅直子事務局長は「関連企業の活性化のためにも、みなさまにご利用いただけるとありがたいです」と話した。

公式サイト 那覇とま~るクーポン 


『週刊ほ〜むぷらざ』ほ〜むぷらざ便り 見て魅る
第1722号 2020年8月6日掲載

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2140

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る