東京裁判 4Kデジタルリマスター版|「時代の証言者」としての映画[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2019年8月22日更新

東京裁判 4Kデジタルリマスター版|「時代の証言者」としての映画[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2019年8月24日(土)より桜坂劇場で公開


©講談社2018


東京裁判 4Kデジタルリマスター版

「時代の証言者」としての映画

アメリカ国防総省が撮影していた50万フィートに及ぶ、極東国際軍事裁判所(東京裁判)の記録フィルム。それをもとに名匠・小林正樹監督が5年の歳月をかけて編集、製作し、客観的視点と多角的分析を施しながら「時代の証言者」としての“映画”を完成させた。

「東京裁判」は、1946年5月に開廷。太平洋戦争開戦時の首相・東条英機ら28人が訴追された。重要な争点となった天皇の戦争責任は世界が東西両陣営に分かれる中、米国政府の強い意志により回避の方向へと導かれていく。

1983年に公開され、単なる裁判の記録という域を越え、日本の軍国主義の歩みと激動の世界情勢を照らし合わせながら、人類がもたらす最大の愚行「戦争」の本質を巧みに訴えた。

第35回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞受賞作。


予告|桜坂劇場サイトへ

1983年/日本/モノクロ/277分/監督:小林正樹/音楽:武満徹/ナレーター:佐藤慶

桜坂劇場|最新映画情報
[info]
富山県で25年以上続くワールドミュージック・フェス「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」。その沖縄版「スキヤキ・オキナワ」を5年連続で8月30日(金)~31日(土)に開催。30日には、エチオピア系イスラエル人ミュージシャンのGili Yalo(ギリ・ヤロ)が出演。前売り券は桜坂劇場で発売中。

<問い合わせ>
桜坂劇場
098-860-9555
funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1673号 2019年8月22日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:719

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る