冬の魅力を堪能!温泉・味覚・雪景色[雪国で過ごす大人旅]|沖縄ツーリスト|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

旅行

2017年1月10日更新

冬の魅力を堪能!温泉・味覚・雪景色[雪国で過ごす大人旅]|沖縄ツーリスト

冬到来。南国沖縄にはない風情ある雪景色を楽しみながら、食や温泉でほっと安らぐ大人旅。そんな旅先として注目を集めているのが新潟、群馬、長野県内の7市町村が宣言した雪国観光圏だ。その魅力は大人を引き付けて離さない。

旅行

雪国で過ごす大人旅|ほっと安らぐひと時を



食と温泉、自然で雪国の異文化体験

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」。ノーベル賞作家・川端康成の小説「雪国」のモデルとなった日本有数の豪雪地帯。新潟、群馬、長野の三県七市町村が、雪国の持つ自然や原風景を観光資源として生かそうと、2013年、「雪国観光圏」が宣言された。沖縄からは空路東京へ向かい、JR上越新幹線で2時間足らず。首都圏から日帰りもできるとあって、近年、注目の観光スポットだ。


人気を集めているのは「食」「温泉」。魚沼市は最高級米として知られるコシヒカリの産地。雪解け水とおいしいお米が生み出す日本酒も名高い。さらに、雪国といえば囲炉裏(いろり)。暖を取るだけでなく、その火を使った郷土料理の数々も。

温泉は部屋に露天風呂が設置されたり、ガラス越しに雪景色を見ながら体の芯から温かく。大人旅ならではの雪国の異文化体験を満喫できる。

添乗員として何度も雪国を訪れている沖縄ツーリスト国内企画室の宮里兼友室長は「雪を見てはしゃぐ姿に年齢は関係ない。雪見酒、囲炉裏端での会話、『おいしい』としか表現できないお米など、たくさんの感動がある」という。「シニアならではのぜいたくな時間を過ごせる旅を体験してほしい」と雪国の良さをPRしている。



童心に帰って雪遊び
1月から2月にかけて本格的な雪のシーズン。子どもだけでなく大人も童心に帰り、雪遊びや雪合戦をする観光客の姿も見られるという。


風情楽しみのんびり
雪で作った真っ白な雪うさぎ。耳や目を付けると、今にも動き出しそう。/写真左
こたつに入ってグループや夫婦での会話を楽しんだり、一人でのんびり読書する時間も。たまには外の雪景色も見て。/写真右


彩り鮮やか冬の味覚
品数豊かに色鮮やかな料理。北国ならではのさまざまな冬の味覚を味わうことができる。


【雪国観光圏】
新潟県の十日町市、魚沼市、南魚沼市、湯沢町、津南町、群馬県のみなかみ町、長野県の栄村で構成。スキー場、温泉地としても有名な地域。
同事務局
025-785-5222
http://snow-country.jp


沖縄ツーリスト|ファンオキナワ
沖縄ツーリスト|ファンオキナワ
沖縄ツーリスト|ファンオキナワ
沖縄ツーリスト|ファンオキナワ


沖縄ツーリスト
OTSツアー予約・お問い合わせ専用ダイヤル
050-5533-2525(添乗員付ツアー専用)
平日/9:30〜18:00
土曜・日曜・祝祭日/9:30〜16:30

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡ししますので事前に確認の上、お申し込みください。
沖縄ツーリスト|funokinawa

SeniorWave 2017年1月7日掲載

旅行

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1686

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る