おしゃれなお部屋図鑑|Casa Machilda Toy & Friends(沖縄・浦添市)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

おしゃれ

2016年12月4日更新

おしゃれなお部屋図鑑|Casa Machilda Toy & Friends(沖縄・浦添市)

週刊タイムス住宅新聞に掲載されているオシャレなお部屋図鑑vol.30。
「安全・清潔に子どもの感性も刺激」沖縄県浦添市港川にあるカーサ マチルダ トイ アンド フレンズさん

ナチュラル&カラフル/キッズルーム

素材でぬくもりと彩りを

木のおもちゃで子どもと遊べるスペース、スペースの有料貸し、おもちゃの販売やレンタル、ワークショップなどを行う浦添市港川の「カーサマチルダ」。インテリアには、親子で楽しく安心して遊べる工夫が随所にみられる。

4LDKの外人住宅を改装した同店。入り口を入ると、もとはリビングダイニングキッチンだったスペースに、間仕切りのないプレイルームが広がる。広々と明るく温かみある空間では、年齢もさまざまな乳幼児が共に遊ぶという。

オーナーの土屋よしこさんは、「子どもが遊ぶ場所は、やはり安全で清潔なのが第一。また、幼いうちからカラフルな色に触れていると、子どもの感性が豊かになると言われています」と、インテリアのポイントをアドバイス。

プレイルーム奥の一角には、数色を組み合わせたタイル状のラグを利用。ウオッシャブルのラグやコルクマットなら、汚れても1枚ずつ洗うことができるので手入れもラクだ。

また、ベンチシートやテーブル、棚などは木の素材で統一。シートや角が丸いテーブルは、子どもの視線に合わせて低めのものを配してあるので、伝い歩きにも便利。「木や布などの素材は、お部屋に温かみもプラスするはず」と土屋さん。子どもの好みも取り入れて楽しんでは。




ママ目線の気配り随所に
誤飲の危険があるものやコンセントは子どもの手が届かない高い位置に、扉つきの棚の扉は指を挟まないよう子どもが大きくなるまではネジで留めておく、子どもに触ってほしくないものはガラスやアクリルケースに入れておくなど、写真の一角だけでもさまざまな工夫が。



ポイント
木の多機能棚
同店オリジナルの手づくり棚は、上部に向かって奥行きが狭くなっていくデザイン。正面の棚部分を下にして倒すと、緩やかな傾斜のすべり台として使えるスグレモノだ。塗料やニスも天然素材のものを使用してあるので安心。丈夫な木の素材なら長く使える。



ポイント
木のおもちゃ箱
さまざまな色の木を組み合わせた手づくりのフタ付きおもちゃ箱もかわいい。おもちゃ箱は大きめに作ることで、小さな子どもでもストレスなく片付けができるという。箱の下部にはキャスターがついているので、重い木のおもちゃを入れてもラクに移動できる。


インテリアにも大活躍
長く使えるエコで美しいデザイン




土屋さんの木のおもちゃ

クリスマスやお正月など、これからのシーズンに向けて、子どもと一緒に木のおもちゃでお部屋のプチ模様替えを楽しむのはいかが。メーカーによって、リサイクル材を使用したシンプルな造りのものやパーツごとに取り換えがきくものもあり、長く愛用できる。
木の手触りや音、色などに想像力を膨らませて遊ぶことができるほか、デザイン性が高いものも多いので、インテリアとして大人にも人気だという。



[DATA]

Casa Machilda Toy & Friends
[カーサ マチルダ トイ アンド フレンズ]

住所:沖縄県浦添市港川2-13-2 No.46(地図
営業時間:午前10時30分~午後5時
定休日:月曜・火曜(祝祭日はオープン)
駐車場:あり
電話:098-988-0405
http://casamachilda.ti-da.net/
 


取材/藤井千加(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1613号・2016年12月2日紙面から掲載

おしゃれ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:57

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る