おしゃれなお部屋図鑑|fleur(那覇市)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

おしゃれ

2015年5月1日更新

おしゃれなお部屋図鑑|fleur(那覇市)

週刊タイムス住宅新聞に掲載されているオシャレなお部屋図鑑vol.13。
「グリーン使いで花色を際立たせる」沖縄県沖縄市にあるRoguiiさん

シャビーシック/書斎

花のある心地よい空間

花や雑貨の販売、フラワースクールや空間デザインを手がける「フルール」。大事に使い込んできたようなブロカントの味わいを生かした、フランス風の「シャビーシック」な空間に、花で華やかさをプラスするポイントを聞いた。

同店のコンセプトは「心地良い空間作り」。そこで、内装はプロバンス風で上品な落ち着きを感じさせる「シャビーシック」に統一。家具や古道具類の色味をそろえ、暖色系の明かりで照らすなど工夫。使い込まれたような風合いが、温かさを演出している。
そんな懐かしく、温もりある空間作りに欠かせないのが生花や鉢植えだ。店内には、野の花を思わせるようなソフトな色合いの花や観葉植物などがあり、空間にさりげない華やかさを添えている。
オーナーの平識麻紀さん(49)は、「シャビーな空間に合うのが、『シャンペトルブーケ』なフラワーアレンジ。気負いがない田園風のアレンジなので取り入れやすい」とアドバイス。花に多めの緑を合わせ、ナチュラルに。摘んだ花を束ねたのが『シャンペトルブーケ』の特徴だ。
「手持ちの器に生けたり、庭先やベランダに咲く葉物をプラスすると、より可憐な印象になります」と平識さん。
季節やシチュエーションに合わせて、花や器選びのバリエーションも楽しんでみると、部屋の印象が変わりそう。

 

 

シンプルな書斎は花で安らぎを

年季の入った木の棚の風合いやブロカントなすりガラスが、「ホッ」とする居心地の良さを演出している店内の一角。
書斎など、シンプルな家具でまとめた空間には、ブルーや白など、みずみずしさと落ち着きある色の花を添えて。アロマボトルと一緒に飾れば、見た目と香りとでリラックスできる場所になる。



ポイント
器で季節感を出す
初夏らしい色の小さめの花束と2~3色のグリーンを合わせ、背の高いグラスやガラスの皿に生けると、室内を涼しげに演出するアイテムに。冬には温かみのある陶器や和食器に変えてもいい。
好みの花と器で、室内に季節感を取り入れよう。



ポイント
上品さ さりげなく
リビングのシンプルなサイドボードや食卓の上、玄関などには、大きめで華やかなアレンジをアクセントにして。
来客時には、花瓶の下に差し色となる陶器の器を置いたり、アイビーなどツル系の植物で流れを出したりすることで、上品さもプラスされる。


花のある空間をプレゼント

ピクニック気分で癒やしタイム



 

平識さんの記念日演出テク

同じ花束でも、飾り方や飾る場所を工夫すると空間の雰囲気もガラリと変わる。テラスやバルコニーのテーブルに花束をセットし、花瓶の下に庭先の花やハーブをアレンジすれば、さらに華やかな印象。
平識さんは「特別なお客さまや大切な家族の記念日などに、花を飾ったり、贈るだけでなく、花のある空間をプレゼントしてみてはいかがですか」とにっこり。母の日に、花で彩られた空間でパーティーを開くのもいい。


[DATA]

fleur

住所:沖縄県那覇市安謝1-10-26-101
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:無休
駐車場:あり
電話:098-860-8787
http://www.d-farbe.com


取 材/藤井千加(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1530号・2015年5月1日紙面から掲載

おしゃれ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:57

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る