[本の紹介]沖縄美術論 境界の表現 1872-2022|沖縄タイムス社|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

エンタメ・ライブ

2023年4月6日更新

[本の紹介]沖縄美術論 境界の表現 1872-2022|沖縄タイムス社

ジュンク堂書店が、おすすめの新刊を紹介。

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

沖縄美術史を体系化

県立博物館・美術館元副館長の著者が、長年の研究成果を沖縄美術史として体系化し、まとめた1冊。

同書の構成は「美術の流れ」と「作家論について」と大きく二つに分類。戦前、戦後、復帰後の沖縄美術の特徴などを解説するほか、著名な沖縄の作家の作風や表現法などについて触れている。年表や用語集などの資料も充実している。

沖縄美術論 境界の表現 1872-2022[本の紹介]沖縄タイムス社

沖縄美術論 境界の表現 1872-2022

翁長直樹 著
沖縄タイムス社
2970円(税込み)

提供/ジュンク堂書店 那覇店 098(860)7175
『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・BOOK情報
第1861号 2023年4月6日掲載

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る