ようこそ、革命シネマへ|失われた映画の復興に動く[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2020年9月24日更新

ようこそ、革命シネマへ|失われた映画の復興に動く[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2020年9月26日(土)より桜坂劇場で公開


©AGAT Films & Cie-Sudanese Film Group-MADE IN GERMANY Filmproduktion-GOI-GOI Productions -Video de Poche-Doha Film Institute-2019

ようこそ、革命シネマへ

失われた映画の復興に動く

独裁政権下、映画産業が崩壊したスーダンで、映画館復興に向けて動きだす4人の老映画人の物語。

2015年、スーダンの首都ハルツーム近郊。1960~70年代に海外で映画を学び、母国スーダンで映画作家として活躍していたイブラヒム、スレイマン、マナル、エルタイブの4人が集まった。

彼らは89年に映画製作集団「スーダン・フィルム・グループ」を設立するが、独裁政権下で表現の自由は奪われた。ある者は亡命し、ある者は思想犯として収監されるなど、長らく離散していたが、母国に戻り再会を果たす。

しかし、すでに映画産業は崩壊し、かつてあった映画館もなくなっていた。4人は屋外の大型映画館復活に向け動きだす。



2019年/フランス・スーダン・ドイツ・チャド・カタール/97分/監督:スハイブ・ガスメルバリ/出演:イブラヒム・シャダッドほか


[info]
9月26日(土)、沖縄市のミュージックタウン音市場で、比屋定篤子×サトウユウ子“RYUKYU STANDARD+”を開催。2015年に発表した沖縄の童歌を集めたアルバムに収録した作品を軸に曲を披露する。有料ライブ配信もある。19時開演。

<問い合わせ>
桜坂劇場
098‐860‐9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1729号 2020年9月24日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2171

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る