[沖縄]飾りでアレンジ「ブッシュ・ド・ノエル」|作ってみようクリスマスレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2021年12月9日更新

[沖縄]飾りでアレンジ「ブッシュ・ド・ノエル」|作ってみようクリスマスレシピ

ごちそうレシピのコーナーで過去に紹介したケーキのレシピが再登場! 材料がシンプルなブッシュ・ド・ノエルは、飾り付けのアレンジ次第で楽しみ方いろいろ。子どもと作るのもおすすめ。


飾りでアレンジ
ブッシュ・ド・ノエル

【材料】
卵黄…60g
上白糖…6g
ハチミツ…10g


卵白…100g
上白糖…36g


無塩バター…5g
牛乳…12ml


薄力粉…23g
バニラエッセンス…少々
生クリーム…300g
グラニュー糖…18g
粉糖…少々

《飾り用素材》
今回はチョコクッキー、イチゴ、白桃缶を使用
クリスマスの飾り 適宜


[作り方]
 粉は計量時に、2回ふるっておく。

 卵黄と上白糖(赤字の材料)、ハチミツをボウルに入れ、湯せんしながら混ぜ、全体の色が少し濃くなったらお湯から下ろし、とろみがつくまで泡立てる=写真。


湯せんで使うお湯の温度は、指を入れられる40度くらい。フライパンなど浅い鍋が使いやすい。

ボウルを下ろした後、バターと牛乳(緑字の材料)を一緒に温めておく。

 別のボウルで、卵白と上白糖(青字の材料)でメレンゲを作る。

 上白糖は2回に分けて入れる。メレンゲのツノが立って折れたところで形をキープするくらいを目安に泡立てる。

 1に2の1/3量を合わせ、薄力粉を混ぜ合わせる。

しっかりと混ぜ、ダマにならないようにする。

 残りの2とメレンゲ、溶かしバターと温めた牛乳(青字の材料)、バニラエッセンスを合わせる。
下から上に混ぜ、メレンゲをつぶさないように全体を合わせる。

青字の材料を入れるときはゴムベラの上にかけて注ぐ=写真。



 クッキングシートを敷いた天板に流して、180度で約15分焼く。

火をやわらかくあてるために、あれば天板を2枚重ねて焼く。

生地はカードを使って広げ、だいたい均等に広げたら、表面を滑らかにならしておく=写真。


 焼きあがったらすぐに出して、クッキングシートをはがす。

下に紙を敷いておき、クッキングシートをはがしたあと、下の紙ごとひっくり返し、焼き面を上にして粗熱をとる。

 泡立てた生クリームを焼き面に塗り=写真、巻き上げる。


巻き始める部分は薄く、巻いた時に両端にあたる部分は少し厚く生クリームを塗る。

巻いた後はシートでくるみ、冷凍庫で少し冷やしてなじませる。

 外側のデコレーションは、上写真のような絞り口を使い、ロールケーキの外側にクリームを乗せる=下写真。


10 砕いたクッキーをケーキ下部に付け、盛り付ける皿の寸法に合わせてケーキをカットして、断面を見せる。

11 皿に薄くスライスした白桃を並べ、ロールケーキを置く。イチゴとクリスマスの飾りをつけ、粉糖をかけて完成。




◆教えてくれた人◆

ケーキの店「デュゥオ」オーナーパティシエ
與那覇政儀さん


関連記事:[沖縄]手作りで食卓華やかに|作ってみようクリスマスレシピ
     [沖縄]食楽search クリスマス特別編|手土産に映えスイーツ
     [沖縄]年末年始 オードブル・おせち特集

『週刊ほ〜むぷらざ』クリスマスレシピ
第1792号 2021年12月9日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る